• 2021年5月21日

次世代のエクステリア空間を競う「YKK APエクステリアスタイル大賞2021」を開催

創造性に満ち、配慮や将来性に工夫を凝らした作品YKK AP株式会社(以下、YKK AP)は、同社のエクステリア商品を使用した設計・施工写真で次世代のエクステリア空間を競う「YKK APエクステリアスタイル大賞2021」の開催について発表した。 「YKK APエクステリアスタ…

  • 2021年5月19日

造園業で安定収入を得るために必要な選択は?

造園業の仕事についてのイメージ造園業に馴染みが無い人でも、造園業が庭の手入れをする仕事だと想像はできるでしょう。 造園業は一般的にイメージされるように屋外での仕事が多くなります。外での作業は天気に振り回されるため、雨の日は作業が思うように進みませ…

  • 2021年5月17日

履歴書の志望動機でやる気や技術力、体力自慢を伝えるためのテクニック

履歴書の志望動機とは就職や転職活動の際に志望動機は必ず求められますし、ほとんどの市販の履歴書には志望動機欄が設けられています。 志望動機の意味 志望動機の意味は言葉の通り、応募先企業で働きたい理由を伝えることです。しかし、単に応募先企業のサービス…

  • 2021年5月15日

花屋が運営する「練馬区立 四季の香ローズガーデン」オープン

バラの品種や株が約2倍に増える第一園芸株式会社と「第一園芸みどりのまち共同事業体」が指定管理者として管理運営に参画する『練馬区立四季の香(かおり)ローズガーデン』は、5月12日(水)に拡張エリア(四季の香ガーデン)をオープンさせた。 四季の香ローズガ…

  • 2021年5月15日

造園業で得られるやりがいを知って働く自分を具体的にイメージ

造園業のイメージ造園業と聞いて一般的にイメージされるのは職人の世界、そして職人が作り上げる庭園ではないでしょうか。 職人の世界 造園業は職人の世界として有名ですが、長い期間にわたって修行し熟練した技術を持つ職人は剪定や植樹などの他にも草刈りや害虫…

  • 2021年5月14日

聞きづらい疑問を解決!建設業界、造園業で働く女性のトイレ事情

造園業で働く女性の割合建設業や造園業は男性社会というイメージが大きいですが、実際に数字からも男性社会であることが読み取れます。 総務省の平成27年労働力調査によると、女性雇用者数を産業別に見た時に上位に建設業は見当たりません。一方、男性雇用者数は製…

  • 2021年5月14日

ユニマットリック、「リックパースコンテスト2021」の審査結果を発表

エクステリアパースの美しさや表現などの品質を審査株式会社ユニマットリック(以下、ユニマットリック)は、2021年1月に開催した「リックパースコンテスト2021」の審査結果を発表した。 リックパースコンテストはエクステリアパースの品質を競う場、および「RIKCAD…

  • 2021年5月12日

ランドスケープコンサルタンツ協会、2021年CLA賞の募集を開始

環境の保全と創造に寄与するランドスケープコンサルタント業務一般社団法人ランドスケープコンサルタンツ協会は、2021年ランドスケープコンサルタンツ協会(CLA)賞について募集を開始した。 CLA賞は、環境の保全と創造に寄与する、優れたランドスケープコンサルタン…

  • 2021年5月10日
  • 2021年5月14日

土木施工管理技士の資格とは。造園業ではこの資格が役に立つ?

土木施工管理技士とは?工事に関する様々な管理を担う施工管理は建設現場においてとても重要な仕事です。施工管理は無資格でもできますが、施工管理技士資格があった方が企業に優遇されますし、キャリアアップにつながることは間違いありません。 施工管理技士は国…

  • 2021年5月10日

横浜緑地、「よこはま花と緑のスプリングフェア2021」の花壇展で表彰

コロナ禍で人とのつながりを大切にしたいという想い西武造園株式会社の子会社である横浜緑地株式会社(以下、横浜緑地)は、第43回「よこはま花と緑のスプリングフェア2021」の花壇展に作品を出展し、花壇コンクール審査会で横浜市環境創造局長賞を受賞したことを発表…